副業のイメージが悪いのはどうしてか?

副業のイメージが悪いのはどうしてか?

副業はイメージが悪いです。特に、日本人は真面目でモラルがあるため、「副業なんてしないで、本業を一生懸命にやるべき!」という考え方が強くあります。

実際には副業をしたとしても何も思わない人もいるでしょうし、さらに、政府も副業を推進するという方向に向かっています。

副業をしている人は、どんどん増えていますし、もう昔ほど、副業に対するイメージは悪くなってきましたが、ある程度警戒をしたほうがいいかもしれません。

ではどうしておけば変なイメージを抱かれないで済むかを調べました。

副業をするときの心構え

それではどうすれば他の人にネガティブなイメージを抱かれないで済むかその方法をレクチャーします。

人に言わない

副業をするときは、人には言わないほうが良いと思います。人に言っても止めたほうが良いと言われるだけですし、印象も良いものではないですからね。

特に本業を行っているサラリーマンの方は、副業をやっていることを人に言うと、すぐに広まりまってしまう可能性があります。

上司とかに副業をやってないで、本業を頑張りなさいという感じで見られてしまうことがあるので、余計なトラブルを避けるためにも絶対に言わないほうが良いでしょう。

家庭と話になりますがちなみに、結婚している人が、配偶者に、副業をやってみようと思うと伝えても、やはり、あまり良い反応は得られないことが多いですね。

本業があっての副業と考える

副業というのは、あくまで本業があっての副業です。メインとして考えなければいけないのは、本業の方ですし、給料をもらっている以上、本業に影響が出てしまうのは、良くありませんよね。

そのため自分の時間をお金に換える副業、つまり一般的にはサラリーマンには向いていないと言えます。本業をやっていると、自分が自由に使える時間は限られるため、その限られた時間で、時間が拘束されるアルバイトは副業のメリットを享受できません。

まとめ

日本人は、真面目でモラルがあるので、本業があるのに副業をするということに対しては、否定的な考えをする人が多かったです。

しかし、今は、政府が副業を推進している時代です。これからは、副業をする人が、どんどん増えてきますし、そもそも1つの収入源だけに頼ることはリスクが高すぎると思います。

ただまだ副業にネガティブなイメージを持っている人も多いので静かに自分だけでやると精神的にもゆとりがでますね。

それを踏まえて考えても、フランチャイジーの手軽さや利便性を考えても副業として最適なのではないかと、私は思います。

TOPページを見る