サラリーマンがやる代表的な副業とは

サラリーマンがやる代表的な副業とは

新しいい形の副業として注目のフランチャイジー

しかし今までにも色々な副業が存在しています。

でも実際にどんな副業があるのかというのは気になると思います。

ここではどんな副業が今まで代表的にされていたのか調べてみました。サラリーマンはあまり時間がないので副業に選んでしまいます。そんな中でやっているのが多いのを見ていきましょう。

サラリーマンが行う副業

時間も読めなく多忙なサラリーマン、しかし収入を増やすために努力をして時間を作り副業をしていることも多いです。

その中でも代表的なものを選んでみました。

株式、FX、不動産などの投資

仕事しながら行う株式、FX、不動産などの投資は、一般的には使う時間も少なく、また体力の消耗も少なく本業に大きな支障を与えないです。

場合によっては日本や世界の経済・社会の情勢がわかって仕事に生かせる可能性もあります。

投資金額が多少大きくなっても、投資に割く時間が多くならず、体力の消耗も少なく、実益を兼ねた趣味の範囲内で楽しめる副業と言えますね。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、簡単に言うとインターネットを利用して不特定多数の人に業務を発注することです。それを利用して副業も行うこともクラウドソーシングに含まれます。

趣味や知識を生かして会社の就業時間外に会社勤務に支障のないように行うクラウドソーシングは仕事にも影響がなくて気分転換できる副業です。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、簡単に言うと、自分のブログで商品やサービスの紹介をして一定の条件を満たすと収入が得られる仕組みのことです。会社員であっても就業時間外にブログを作って楽しめます。

そのブログで、商品やサービスを利用することで収入を得ることも、時間も自由に気分でできる副業となります。

ブログの運営は身分を明かさなくてもできるのでそういうところもサラリーマンには向いていると言えますね。

アルバイト

月に数回の土日や就業後に行うアルバイトは、最も簡単に行える手段として人気あります。

ただし、体力を極めて使う業務、月に数回といえども平日に深夜遅くまでアルバイトするのは本業をおろそかになってしまう危険があります。

まとめ

サラリーマンが行っている代表的な副業を調べてみました。体力を使わないものを選びましたが、収入の部分では人によりけりと言えます。

それに比べてフランチャイジーは確実に誰でも手軽に収入を得る事が出来るので、安心できるといえるでしょう。

TOPページを見る