副業に決まりはあるの?

副業に決まりはあるの?

副業に関する明確な定義はなく、副業の概念も非常に広いことから、どんな副業なら問題ないのか気になるのではないでしょうか?そこで注意しなければならない副業について解説します。

気が付かないでしている倫理的に悪いですし、損害請求とかもされてしまうケースがあったりするかもしれないので…ではみていきましょう。

副業をするときの注意点

副業禁止、あるいは副業を許可制にしている会社で副業に関する規定があいまいな場合が多いです。人事に聞いても怪しいですしね。

そこでこれさえ気をつけていればいい注意点と具体的な事例について紹介します。

競合する会社での副業

競合する会社での副業が認められないのは、自社の秘密情報が意図的でなくても漏れてしまう可能性があるからです。

また、そのようなことをしないと誓っても会社から見るとその危険性があると推測される可能性があります。

多くの会社は就業中の副業だけでなく転職や退職後に競合会社に勤務することも原則として禁じているのがその証拠になります。

会社に損失を与える可能性のある副業

会社に損失を与える行為は副業だけでなく本業でも許される行為ではありません。副業では会社に関係のない副業をすることが必要です。

具体的には、自分の取引先に自分が立ち上げた会社の商品を売り込むこととか考えられます。それにより本業の会社の売上に影響を与えることです。また、本業の会社に直接の損失を与えないことでも副業禁止になる可能性があります。

会社の信用を落とす可能性のある副業

会社の信用を落とす副業も副業禁止規定に相当します。具体的な例としては公序良俗に反して夜に女性が接待するような職業や店舗に勤務することです。

そのような職業や店舗に勤務する社員と会社とは直接の関係はありませんが、事件などが起きてマスコミで会社名が報道されることもあり、その場合は会社のイメージが損なわれて信用を落とすので会社は副業を認めていない場合が多いです。

まとめ

会社勤務で副業をしたいと思ったとき、会社が禁止する副業はどの範囲までだろうと多くの人が疑問に感じていると思います。その理由は、副業にも定期的に一定の仕事を行う副業から、思い立ったときや人に頼まれていろいろな仕事を不定期に行う副業まであるからです。

また、最近ではネットを利用してさまざまな方法で簡単に収入を得る手段が提供されています。

副業をしたいと思ったとき、会社の副業禁止規定に当たらない安全な副業を選んで副収入を得るようにしてください。

TOPページを見る