火災保険を加入するときは?

火災保険を加入するときは?

新居を購入したり賃貸物件の契約と共に加入をすることが多い、火災保険。加入の目的や補償内容、相場をよく理解しないまま加入している人も多いのではないでしょうか。

私もその一人です。火災保険に入るべき理由を始め、知っておきたい知識や情報について調べておきました。これらを知れば、納得して加入できるだけでなく、もしもの災害時も焦らずに済むはずです。知識があればフランチャイジーでもスムーズにすみますからね。

どういう理由で火災保険に加入していくのか流れをみていきましょう。

火災保険に加入する理由とは?

火災保険に加入する目的は大きく分けて、「あらゆるリスクに備えること」と「万が一の賠償責任に備えること」の2つになります。これらの目的をよく理解すれば、火災保険がいかに重要であるかが分かると思います。

あらゆるリスクに備えること

日々生活をする中で、火災、漏水、爆発、盗難などによって自分の家財が損害を被るリスクがあります。そんなリスクに備え、もしものときにも困らないようにするのが火災保険に加入する目的の1つです。

例えば、落雷によってパソコンが壊れてしまった場合は、その買い替え費用が保険によって賄われます。

意外と知らない人も多いのが、家財保険では誤って家具を倒して壊してしまったという場合も補償の対象であるということ。つまり、家の中で起こる不測かつ突発的な事故によるものも補償に含まれています。

万が一の賠償責任に備えること

火災を起こしてしまうことも、他人に損害を与えてしまうことも、絶対にないということは誰しも言い切れません。損害を与えてしまうことで発生する損害賠償は、高額になるケースが多いでしょう。他人にケガをさせてしまった場合も同様のことが言えます。

自分は賠償責任が発生する可能性は低いと考えるのではなく、その可能性は誰しもが等しく持っていると考える方が良いと言えます。

火災保険を加入することの目的まとめ

火災を始めとする災害や事故が起こった際に、第三者への損害賠償を補償するものです。特に、損害賠償については高額になり得るため、もしもの場合に備えて保険に加入しておくと安心でしょう。

火災保険は会社や商品によって、保険料も補償内容も異なります。もしもの事態を想定し、目先の保険料額だけではなく、費用対効果をよく検討したうえで選択する必要があるのが得策ですね。

TOPページを見る